カラコンを選ぶ際に必須の用語を、詳しく丁寧に解説するサイト『カラコン用語集』

●●●度数など数値●●●

【PWR(度数)】

視力矯正の度合いを示す数値で、コンタクトの度の強さを示す数値となります。
−1.00、−1.75、−3.00、−5.00などと表示され、マイナス数値が大きい
ほど矯正の度合いが大きくなります。
なお、プラス「+」は遠視用のレンズを示します。
度なしのカラコンには「0.00」と表示されています。

【BC】

BC(ベースカーブ)は、レンズのカーブを表す数値です。
8.5、8.7などで表します。
数値が小さいほどカーブがきつく、大きいほどカーブがゆるくなります。
カラコンなどのソフトレンズの場合なら、数値をピッタリにあわせなくても大丈夫な場合が
ほとんどですが、眼球のカーブと合わないレンズを付けると違和感を感じたり、レンズが
ずれやすくなる場合もあります。

【DIA】

DIA(直径)は、レンズの大きさを示す数値です。
一番外側の透明な部分までを含めた大きさで、着色された部分の直径ではありません。
14.0、14.5などで表示されています。

【CYL】

乱視の度数です。

【AXIS】

乱視軸です。
0〜180までの角度で表されます。

【AD】

AD(手元補正度数)は、遠近両用の手元補正用の数値です。
遠近両用レンズには、「PWR−5.00(+1.00)」のように、2つの度数が表示
されることになります。
この場合の数値は、遠くを見る時は−5.00で、近くを見る時は+1.00の補正がある
という意味になります。